Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しくアロマをお使いいただくために

アロマにはたしかにリラックス効果などの効用をもたらしますが、中にはアロマをおすすめできない人もいます。
乳幼児、妊娠中の方、持病がある方・アレルギーがある方・お年寄りの方へ使用する際は十分に注意なさってください。


まず乳幼児ですが、3歳以下のお子さまには原則としてハーブティーの飲用か芳香浴かにとどめてください。
また、アロママッサージは控えておきましょう。
乳幼児はまだ抵抗力が弱いため、3歳を過ぎても、お子さまの体重の比率を考えた量で使用する程度にしましょう。


次に妊娠中の方。エッセンシャルオイルのなかには、副作用として通経作用のあるものがあります。十分注意して行うようにしてください。
もちろん、妊娠中であっても使えるオイルもありますので、専門知識のある方に話を聞いてみましょう。
また実際に使用する前には、必ず医師に相談するようにしてください。
バジル、ローズマリー、クラリセージ、ジャスミン、ペパーミント、タイム、フェンネル、メリッサ、マージョラム、ラバンジン、レモングラス、ミルラなどが、妊娠中は使用を控えていただきたいオイルです。いずれもホルモン作用、子宮収縮作用、通経作用のあるものです。


最後に持病がある方・アレルギーがある方・お年寄りの方ですが、持病・既往症のある方は、必ず専門医の指導のもとでアロマテラピーを実践してください。
また、アレルギー体質、敏感肌の方は、パッチテストをアロママッサージの事前に行うようにしましょう。
お年寄りやの身体の弱い方場合は、オイルの影響を過剰に受けてしまうこともあります。


健康な方でも、アロマテラピー中に不快感を覚えるなど身体に異変を感じたら、使用をやめましょう。
まずはじめは、指定の半分の量から実践してみることをおすすめします。

[PR]
マッサージ 港区
東京 マッサージ 出張
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

カヲリ

Author:カヲリ
はじめまして!
管理人のカオリです!

がんばって更新中ですよ♪

フリーエリア

  • SEO
  • loading
  • ティータイム・マッサージ

  • seo

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。