Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツボ治療にだって、2000年の歴史があるんです

現在も足ツボ療法は大変人気です。
実は、このツボ療法には非常に長い歴史があるのですが、ご存知ですか?


針灸の起源は、古代中国にまでさかのぼります。


今から2000年以上前から、人間の身体石などでをピンポイントで刺激したり、あるいは、温めたりすると、そこを治療できるということを、当時の人々はすでに知っていたのです。
医学者たちは、どこに、どんな刺激を与えると、どういった病気に効くのか、といった経験をたくさん積んでいきました。
そして、それらの結果を、一冊の本にまとめたのです。
それこそが今日でも残っている『黄帝内経』という書物で、現存する最古の医書と言われています。。
この書には、人体の養生法や生理、病理について克明に記載されています。
また、それには針灸治療の基礎となる経穴(ツボ)や、経穴を結んだ経絡、および治療に関する理論などが記されています。


中国のこうした理論は、414年に日本に伝えられたとされています。
しかしその後、世間一般にまで針灸が広がるまでには、それから長い年月を要しました。


室町時代に入ってようやく、一般の人たちが針灸の恩恵を受けられるようになった言われています。
また、日本独特の針灸治療が生まれたのは江戸時代になってからとされています。
しかし明治維新以後、西洋医学が次々と導入されていった中で、針灸治療は衰退していくことになります。
それから再び針灸治療が注目されたのは、1972年にアメリカのニクソン大統領が中国を訪れたときです。
彼が中国で針麻酔を受ける様子がテレビ放送されたのをきっかけに、針灸治療が見直され始めたのです。


ちなみに最近では、針治療にレーザー針が応用されるようになりました。
ツボに30秒~2分間ほど、レーザーを照射する方法が広まってきています。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

カヲリ

Author:カヲリ
はじめまして!
管理人のカオリです!

がんばって更新中ですよ♪

フリーエリア

  • SEO
  • loading
  • ティータイム・マッサージ

  • seo

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。